コラーゲンドリンクやサプリがほうれい線を改善する事はない!

ほうれい線の改善にはコラーゲンが必要?

 

こんにちは、ほうれい線で悩んでいた中島です。

 

お肌の弾力やハリが衰えて、ほうれい線が出来るのはコラーゲンやエラスチンなどが不足しているのが原因です。

 

しかし、コラーゲンをとってもほうれい線が全然薄くなる気配がないと思っていませんか?それには、理由があるんです。


コラーゲンを摂取しても無駄かも?


コラーゲンサプリやドリンクは意味がない

コラーゲンには、お肌の弾力を保つ働きがあり、不足すると弾力が失われてどんどん垂れてほうれい線を招く事があります。そのため、お肌の弾力を戻すためにコラーゲンサプリやドリンクが存在します。

 

しかし、サプリやドリンクをしっかり摂取しているのにいまいち効果を感じられない人が多いのではないでしょうか?

 

効果を感じないのは、当然で、コラーゲンが体内に入っても消化酵素がコラーゲンを分解してアミノ酸にしてしまうんです。サプリメントやドリンクでコラーゲンを摂取しても効果はないように思います。

 

コラーゲンが体で分解されてから、体内で再構築されるのであればいいのですが、それはかなり考えづらいのが現状です。大量にコラーゲンを摂取すれば、分解されないコラーゲンが出てくるかもしれません。

コラーゲン生成能力を高めるしかない

本来、コラーゲンは、体内で生成されてコラーゲン量を維持しています。現に、子供のときは、コラーゲンを摂取しようと思わなkったようにお肌がツルツルで弾力性がありましたよね。

 

加齢によってコラーゲンの生成能力が落ちてしまうので、これは仕方がない事です。ですが、コラーゲンの生成能力を回復する事が出来ます。コラーゲンを作っているのが、FGFという線維芽細胞増殖因子です。この細胞を活性化させる事で、コラーゲンを増やす事が出来ます。

 

それには、プラセンタやレチンール、ビタミンC誘導体、GABAなどがあります。

コラーゲンを増やす化粧品で肌弾力を改善

コラーゲンを増やしたいなら線維芽細胞増殖因子を活性化させる事が大切になってきます。FGFを活性化させるような化粧品を使うのがお勧めです。

 

最近では、コラーゲンを浸透させて、さらにFGFを活性化させるのが効率的にコラーゲンを増やす結果になります。

 

ただ、忘れてはいけないのは、コラーゲンだけでなく乾燥肌になってバリア機能が低下しているのもほうれい線が出来てしまった原因です。バリア機能を回復させて、しっかり肌のターンオーバーも取り戻す事で、ほうれい線が目立たなくなっていきます。

 

あまりにも、コラーゲンだけを意識しても満足いく結果にならない事もあります。ほうれい線が出来るときは、複合的な原因である事が多いので、全体的にケアをしつつしっかりコラーゲンを増やす事が大切だと思います。

ほうれい線にお勧めの化粧品BEST3

ほうれい線の原因と改善方法は分かったけど、どの化粧品を使ったらいいのか分からない!という人のために、敏感肌でも使える化粧品をご紹介します。購入のときに参考にしてください。

▼アヤナス 公式サイトはこちら▼

コース 価格 容量
トライアルセット 1,480円 10日間分

ディセンシアアヤナスの総評

ディセンシアのアヤナスは、乾燥肌や敏感肌の人に特におすすめの商品です。乾燥肌と敏感肌の人は、バリア機能が低下しているケースが多く、保湿しても上手く美容成分を閉じ超える事が出来ません。

 

でも、アヤナスは疑似的にバリアを張ってしっかり美容成分を閉じ込める働きをして本来の肌の力を取り戻す事が出来ます。


▼ビーグレン 公式サイトはこちら▼

コース 価格 容量
トライアルセット 1,800円 7日間分

ビーグレンの総評

ビーグレンは、5種類の美容成分でしっかりケアをする事で肌を持ちあげてほうれい線をケアしていきます。

 

シワに高い効果が認められているレチノールも配合されています。肌に浸透する事でコラーゲンの生成を促して肌を柔軟にするサポートをします。頑固なシワをときほぐします。

▼メディプラスゲル 公式サイトはこちら▼

コース 価格 容量
トライアルセット 2,996円 2カ月分

メディプラスゲルの総評

化粧品って色々とやらなくちゃいけないので大変なのですが、メディプラスゲルはれ1本でしっかりケアをする事が出来ます。
いわゆる、オールインワンゲン商品です。

 

1本で一気にケアが出来るので、気になるほうれい線だけでなくめんどくさがりの人にもお勧めです。